第36回(令和元年度)『麦』新人賞   片山一行

令和元年度の麦新人賞が決定しました。 たとえば、変声期   片山一行 ​​メビウスの帯つなぐとき降る時雨 凩や背骨の軋む音のして 夕暮れに睫毛の寒い猫が来る 虎落笛死者は生者を支えると 左義長の火の粉の臙脂色に飛ぶ オリオン座まで堕天使の行くらしき 海をまだ見ぬ少年と春の駒  雁風呂やあるいは海の小骨とも どの人の穢れも滅び春動く 星ひとつずつ消すように雛用意 五月雨に沈…

続きを読む

第35回(平成30年度)麦『新人賞』   足立町子

平成30年度の新人賞が決定しました。 母の縄電車  足立町子 何気ない終焉があり木の実降る 母の死や天狼へゆく縄電車 柿落葉掃けばふるさと空っぽに 葬送に少し遅れて赤とんぼ 立冬の覗きからくりよりマリア 冬の星殖やして読経始まりぬ 老いてゆく十一月の遊園地 鍵穴が少し歪んで冬の月 母のいた確かな記憶冬のペガサス 雑炊に母が…

続きを読む

第34回(平成29年度)『麦』新人賞   中村せつ

平成29年度『麦』新人賞が決定しました。 光まみれ   中村せつ 光まみれの亡姉(あね)が来て居る花の昼 惜春の野鳥の檻の二重鍵 花は葉に鯉は泳がねば流れる 豌豆の筋引く母と居るような 返信を望まぬ手紙みどりの夜 青梅の全きを選る手暗がり 風紀委員のうなじが細い衣更 海馬の息が夏霧重く街を這う 歯舞諸島(ハボマイ)の近さ無邪気な夏かもめ 玟瑰や…

続きを読む