第64回(令和元年度)『麦』作家賞   井川春泉

す令和元年度作家賞が決定しました。 秋の風   井川春泉 過疎の道にいにい蝉は水平線 秋の風キリンの首は正義感 豊の秋長生きをする埴輪の馬 短日のうしろから出る青の骨 青空へ赤とんぼへる油田帯 目を開けて海の中まで寒々と 地を踏めば裸木としての不発弾 晩年は化石となって冬の星 浅き春わが体温が脈打てり 春の月一門すでに海へゆく 茂吉の忌「赤光」すでに起きあがる 水音と人…

続きを読む

第63回(平成30年度)麦『作家賞』  中山宙虫

平成30年度の麦作家賞が決定しました。 詩となるための雨  中山宙虫 和紙を干す村のミモザがやわらかい なぜ石を持ったのだろう花いばら 春の雨日々方舟を待つベンチ 好きになれない嫌になれない花の終り 馬刀貝を売る青空は鳶のもの 池を巡る五月詩となるための雨 梅雨の月終バス証券会社前 浜木綿や僕の背びれが打ちあがる 負け癖のついた花火に寝…

続きを読む

第62回(平成29年度)『麦』作家賞  丸山ただし

平成29年度の麦作家賞は次の二名に決定。 第62回麦作家賞受賞作品 今日と明日    丸山ただし 野蒜摘むここより川の名が変わる ユニセフの封緘シール菜種梅雨 菜の花や海はいま日を呑まんとす 桜さくら舞うアレグロアンダンテ 春愁い字幕に英字のジョンウェイン 憤怒して桜は吹雪く花となる 花冷えの寺町滅法冷えまさる 若葉らしい若葉が濡れて若葉かな 青梅落つ宿世の…

続きを読む