踏生集20 (山田邦彦・丸地正子・森沢詩子・山口方子)

踏生集(同人自薦作品)から同人の作品をピックアップ。 俳句雑誌『麦』2019年3月号 冬に入る   山田邦彦 山茶花の咲き散り初めり波の音 買物の妻に付き添う眼とマスク 灯台の灯がとらえたる石蕗の花 引越の机落ちつく冬の午後 海鳴りの後に大きな冬の月 ゆずりあい  丸地正子 眠る子の母の背丸し懸大根 懸大根夕日に沈む親子…

続きを読む

俳句雑誌『麦』2019年3月号(通巻795号)

『麦』2019年3月号 ★「冬の滝」対馬康子(5句) 漆絵の下の麻布寒明ける 特報!対馬康子会長が第10回桂信子賞を受賞しました。 ★特別作品  「秋完結す」  星 深雪(15句) つぎつぎと星が生まれて烏瓜 ぱっくりと脳の形に割る胡桃 だんご虫丸まりて秋完結す ★地熱深耕…

続きを読む

踏生集20(小宅洋子・島田貞子・涼木鞠)

踏生集(同人自薦作品)から同人の作品をピックアップ。 俳句雑誌『麦』2019年2月号 冬に入る  小宅洋子 園児らひろの落葉拾い集めおり 人去るを追い走りゆく枯葉かな 秋天やママさんバレー溌溂と 表彰のスーパーボランティア文化の日 MRIのガタガタピーや冬に入る 星月夜   島田貞子 再読の二都物語星月…

続きを読む