踏生集8 (望月哲土・幡宮姫佐子・滝浪 武)

踏生集(同人自薦作品)から同人の作品をピックアップ。 俳句雑誌『麦』2018年4月号 野良猫      望月哲土 三人の女マスクを外したる 野良猫の眼のどこか冬めける 生涯に媚を売らざり草の花 ツン読の嵩に溜息夜の長き 意図は何牡蠣より固く口閉ざす 白鳥の空     幡宮姫佐子 喪の多き年を終いぬおでん鍋 白湯甘し母やわらかに年を越す 白鳥の…

続きを読む

俳句雑誌『麦』2018年4月号(通巻784号)

『麦』2018年4月号 ★対馬康子(5句) 凍鶴の眼は肩に埋めたる ★特別作品  「春灯し」  涼木 鞠(15句) 忘恩の首ぎくしゃくと寒い朝 宿命の星に気負わず着ぶくれる ヴィオロンの高き調べに春灯し ★地熱深耕  地熱集より対馬康子選 寒林をするりと抜けて善人なり   石崎桃雨 ★踏生集  同人自薦作品10句 …

続きを読む