踏生集28〔吉澤睦美•鈴木優•平山千楊)

麦同人の作品を掲載中2020年3月号より山茶花  吉澤睦美山茶花や和服同士の立ち話実万両足元からの明るさへ連写の眼むささび鑑賞会の過ぐ冬雲や福祉車丸く通り過ぎ水欲しと枯木立から声のする 秋惜しむ   鈴木 優秋惜しむ旅行鞄に残る砂文化の日舞台に映える濃紫着柿届く噛めるよろこびかみしめる小鳥たち啄む実にも好き嫌いこの上なしの秋日和歯の痛み スマートフォン   平山千楊本一人スマホ八人冬の茶舗末…

続きを読む

俳句雑誌『麦』2020年3月号〔通巻807号)

2020年3月号〔通巻807号) ★「白息」 対馬康子(5句)ジャズの一音ふくろうは知っている★特別作品  「寒ゆるむ」  赤峯友子〔15句)けものの目で寒い古墳を歩いて来た★地熱深耕  地熱集より対馬康子選譲の空よひと日の飯を炊く     幡宮姫佐子珈琲の香り短日動き出す      村山珠子付録のような冬青空を母とする   森田千技子★踏生集  同人自薦作品10句​★原生林(俳句教室…

続きを読む

踏生集27(黒田多實生•内藤信男•中村安子)

麦同人の作品を掲載中 2020年2月号より 郷愁   黒田多實生消え去った稲刈鎌で切った傷父母もすでに年下星月夜台風と豪雨禍抜けてコシヒカリ無住寺へお出でお出でと柿たわわ入れない眺めるだけのもみじ山 でれんこ  内藤信男その椿実つらつら蒔きぬ変わり種冬桜十七回忌の美しさ昔は昔婚約の編みセーター踏み台を買いし妻留守芋蒸かすきのこカレーでれんこでれんこ二三日 青のり   中村安子とりあえず歯…

続きを読む